2014年10月30日

ET2014 カンファレンス「SimulinkとUML/SysMLの連携」

来月中旬のET2014で、カンファレンス講演「SimulinkとUML/SysMLの連携 〜Simulinkモデルと要求のトレーサビリティを確保するには〜」を行います、という話を書いていませんでした。




今回の内容は、主にSysMLモデルとSimulinkモデルを連携させて、Simulink単独で利用する場合よりも改善しましょう、というような話です。

ツールの話やSysMLの文法の話はさておき、実際の連携プロセスの話になるとうちの会社の範囲外となってしまいますので、無理を言ってエクスモーション高橋さんにも講演をお願いしました。エクスモーションさんでは、UMLとSimulinkを利用して既にこのあたりの連携についても実践していて、そのあたりの知見も話に入ってくるのでは、と思います。

詳細とお申し込みはこちらから:
http://www.jasa.or.jp/et/ET2014/conf/confpage-dvt13.html

このカンファレンスは3日目の午前中ですが、2日目の午後はETフェスタがあり、うちのブースでも少しですが飲み物を出します。2日目に来る方は、15時とかそのくらいにパシフィコに来て、酒飲んで帰るというのがお勧めです^^;




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔