2015年02月13日

バージョン12.0 リリースしました。

昨日、バージョン12.0をリリースしました。例によって難産ではありましたが、何とかリリースできました。

ITProでリリースを取り上げていただきました!ありがとうございます!!

UMLモデリングソフト新版、画面設計のワイヤーフレームを追加
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/021300532/
 
この記事にもあるように、今回はXML関係やワイヤーフレームなど、比較的業務システムなど非組み込み関係の機能強化が多いです。もともとはこのバージョン12.0に含まれる予定だった、BPMN2.0に関する多数の改善も、同じく業務システム関係で使う方には嬉しい改善でした。
(事情がありBPMN関係の改善は、ビルド1113として先行リリースとなりました。)

あとは、プレスリリースにはちらっとだけ書いたのですが、AUTOSARのVFB(Virtual Function Bus)の記述ができるプロファイルも含まれています。ただ、僕自身がAUTOSARについて全く知識がないので、これがどの程度の意味があるのかよくわかりません。

これについては、明日にでも投稿する予定です。 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔