2015年07月09日

ツール間のトレーサビリティ

Enterprise Architectの内部でのトレーサビリティの定義や関係の参照については、いくつかの機能があります。
(この内容は「Enterprise Architect活用セミナー」で紹介しています。)

ただ、Enterprise Architect以外のツールで作成した内容とのトレーサビリティをどのようにするか、というのはどうしても外部のツールの助けが必要です。

Enterprise Architectに対応した、こうしたトレーサビリティを定義・管理できるツールはいろいろとありますが、現在のところイチオシなのが、横河ディジタルコンピュータさんの「microTRACER」です。

 (横河ディジタルコンピュータさんは先日パートナーとして連携させて頂くことになり、そのうちにこのトレーサビリティ関連のセミナーも実施予定です。これは決まり次第お知らせします。)
 

僕がデモ用に作成したデータで、概要を紹介します。

 無題

この例は、左端がExcelで作成した要求で、右端はC言語のソースコードです。いずれも、microTRACERのサンプルデータを借用しました。
真ん中の2つはEnterprise Architectのモデルです。

このように、さまざまなツールのデータを結びつけることができます。結びつけの方法には大きく分けると2つありますが、この例では、単純にドラッグ&ドロップで結びつけました。別の方法として、異なるツールのデータに共通となるタグ情報を埋め込むことで、同じタグを持つデータを自動的に結びつける、というやりかたもあります。



このような関係を構築すると何が嬉しいのか、というのは、基本的には次の2つだと思っています。
  • 上流から下流までのつながりを把握し、変更する場合の影響を視覚的に把握できる
  • つながりが漏れている・切れている不適切な項目を発見できる

前者については、例えば上の画像の例で、興味がある要素をクリックすると、次の画像のように視覚的に関係を確認できます。

 無題 (この例では左端の一番下の項目をクリックした)

あるいは、関係がある項目だけを表示するモードもあります。
(ツールバーに切り替えボタンがあります。)

 無題


後者の漏れ・切れを確認するのも、同じようにツールバーのボタンを押すだけです。今回のサンプルではこんな感じです。表示されているのが、上流・下流との関係が何も構築されていない項目です。

無題


じゃあその問題となっている項目は、具体的に何なのか?ということを調べたい場合には、その項目を右クリックして「ファイルを開く」を実行します。

無題

すると、その項目に関係するツールが起動し、その要素の位置にカーソルが移動します。この例ではEnterprise Architectのアクター要素なので、Enterprise Architectが起動し、自動的にその要素が選択状態になりました。

無題



microTRACERはデモ用のライセンスをお借りできたので、Enterprise Architectのオンサイトでのセミナーの際など、10分程度の簡単なデモをすることも可能です。興味がある方はセミナーの際など、ご依頼ください。
(詳しいことが知りたい場合は、横河ディジタルコンピュータさんに聞いてください。)






トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔