ビジョン/製品

2016年01月30日

1/29 モデリングとトレーサビリティセミナー 報告

1月29日に、パートナーのエクスモーションさん・横河ディジタルコンピュータさんと共同で、モデリングとトレーサビリティのセミナーを開催しました。

 続きを読む

2015年12月26日

モデリングとトレーサビリティの無料セミナー(1/29)

最近は忙しさにかまけて、Blogの更新もままならず申し訳ないです。
今の各種引き合いの状況から、来年も継続的に忙しくなりそうで、嬉しい悲鳴です...


さて、来年1月の最後に、横河ディジタルコンピュータさん・エクスモーションさんと共同で無料セミナーを
開催します。


〜組込みソフトウェアの品質向上のための〜
実践的なモデリングおよびトレーサビリティ手法と導入事例セミナー

というタイトルで、東京国際フォーラムで開催します。

詳細とお申し込みはこちら:
http://www.sparxsystems.jp/seminar/20160129.htm 

僕は最初にちょっと話すだけで、他の方の話をゆっくり聞くことができる
とても良い立場です:-)

 


2015年08月21日

IIBA グローバル戦略アライアンスにSparx Systemsが参画

ビジネスアナリシスや要求分析・プロジェクトマネジメントなどに関わる人であれば、IIBAという組織の名前は聞いたことがあるのかもしれません。IIBAが発行するBABOKは、その存在は広く周知されているのではないでしょうか。

そのIIBAのグローバル戦略アライアンスのメンバーとして、Sparx Systemsが選ばれたようです。

http://www.iiba.org/mou.aspx
 
 続きを読む

2015年07月09日

ツール間のトレーサビリティ

Enterprise Architectの内部でのトレーサビリティの定義や関係の参照については、いくつかの機能があります。
(この内容は「Enterprise Architect活用セミナー」で紹介しています。)

ただ、Enterprise Architect以外のツールで作成した内容とのトレーサビリティをどのようにするか、というのはどうしても外部のツールの助けが必要です。

Enterprise Architectに対応した、こうしたトレーサビリティを定義・管理できるツールはいろいろとありますが、現在のところイチオシなのが、横河ディジタルコンピュータさんの「microTRACER」です。

 (横河ディジタルコンピュータさんは先日パートナーとして連携させて頂くことになり、そのうちにこのトレーサビリティ関連のセミナーも実施予定です。これは決まり次第お知らせします。)
 続きを読む

2015年02月13日

バージョン12.0 リリースしました。

昨日、バージョン12.0をリリースしました。例によって難産ではありましたが、何とかリリースできました。

ITProでリリースを取り上げていただきました!ありがとうございます!!

UMLモデリングソフト新版、画面設計のワイヤーフレームを追加
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/021300532/
 
この記事にもあるように、今回はXML関係やワイヤーフレームなど、比較的業務システムなど非組み込み関係の機能強化が多いです。もともとはこのバージョン12.0に含まれる予定だった、BPMN2.0に関する多数の改善も、同じく業務システム関係で使う方には嬉しい改善でした。
(事情がありBPMN関係の改善は、ビルド1113として先行リリースとなりました。)

あとは、プレスリリースにはちらっとだけ書いたのですが、AUTOSARのVFB(Virtual Function Bus)の記述ができるプロファイルも含まれています。ただ、僕自身がAUTOSARについて全く知識がないので、これがどの程度の意味があるのかよくわかりません。

これについては、明日にでも投稿する予定です。 

2014年12月03日

EA Workplace

Enterprise Architectの海外のユーザーで「EA Workplace」というさまざまな情報を集約したサイトを作成している方がいるので紹介します。

http://www.eaworkplace.com/


続きを読む

2014年12月02日

AUTOSARに関する無料Webセミナー

2014/12/3追記: このWebセミナーは中止になってしまいました...

Sparx Systemsでは、毎月Webセミナー(Webinar:ウェビナー)を開催しています。今月は、「Model Automotive Systems in Enterprise Architect」というタイトルで、SysMLやAUTOSAR関連の内容を扱いますので、興味がある人もいるのではないかと思い、ここで紹介します。

 続きを読む

2014年10月30日

ET2014 カンファレンス「SimulinkとUML/SysMLの連携」

来月中旬のET2014で、カンファレンス講演「SimulinkとUML/SysMLの連携 〜Simulinkモデルと要求のトレーサビリティを確保するには〜」を行います、という話を書いていませんでした。


続きを読む

2014年07月25日

ETWest 2014に出展します

来週の火曜日・水曜日はETWest 2014です。今年も出展します。

http://www.sparxsystems.jp/event/etwest2014.htm


例によって状態遷移設計あたりが中心になりますが、SysMLやC言語のソースコード解析などの説明も行います。あとは、バージョン11.0で追加された新機能の話もあります。いくつかアドインを試作しましたので、その公開もあります。(詳細は上記ページをご覧下さい。)


今回は、今までのインテックス大阪から大阪駅近くのグランフロントに会場が変わります。グランフロントは行ったことがないのですが、場所が変わることによってどのような違いが出るのか、興味深いです。

既にツールを使っている方も、もし展示会場にお越しになる場合には、ぜひスパークスシステムズ ジャパンのブースにお越し下さい!

ちなみに、今回は、2日間1名で対応となりますが、何とか頑張ります。
(昼食やトイレなどで不在になるかもしれません。すいません。)



2014年04月29日

バージョン11.0 リリース

例によってバタバタしましたが、Enterprise Architect バージョン11.0を先週末にリリースできました。

MONOistさんでこのリリースについての記事を掲載して頂きました。ありがとうございます!
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1404/28/news040.html

いつもは新しいバージョンの機能をいろいろとこのBlogでもお知らせしていましたが、今回はもろもろ忙しくて、Blogの更新もままならない状況でした。すいません。

ゴールデンウィークが明けると展示会(SODEC)がありますので、新しいバージョンについて興味がある方は、ぜひスパークスシステムズ ジャパンのブースにお越し下さい!